cattleya_note

子育てや離婚、恋愛についてなどを書いていきたいと思っています。

旦那との出会いから結婚、1人目出産まで

こんにちは。

今回はこれから結婚している時に言われた言葉や行動について少しずつ書いていきたいので、出会いから1人目出産までについてを書きたいと思います。

 

私は現在旦那とは3年半近く別居をしているところです。

旦那との出会いは18歳の大学生の時で、当時私がアルバイトをしていた所に旦那の友人が働いていたので、その友人が出勤しているかどうかの確認をするために、声を掛けてきたのが旦那でした。

 

その時は特に何もなかったのですが、その日の夜に旦那から私のSNS宛てにメッセージがきて、そこからやり取りが始まったのが始まりでした。

 

そこからは何度かお互いの友人を交えて遊んだり、2人で遊んだりしながら毎日連絡を取り合っていました。

 

そこから1か月くらい経った頃に、旦那から微妙な告白をされて付き合うことになりました。

 

私は初めての彼氏やったこともあり、最初はとても幸せやったんですが、だんだんと遊ぶ時などの予定を決める時などで、女友達との予定を優先したくなったりして、会うのが億劫になり始めて、2か月くらいが経った頃に他の人に心が揺れた時期があり、その時に1度旦那と別れることにしました。

 

でもその期間に、旦那はすごい頑張ってアプローチをしてきて、別れて1か月くらいが経った頃にヨリを戻すことになり、そこからは毎日旦那と会うようになりました。

 

毎日大学が終わってから門限までの時間か、バイトがある日はバイトまでの時間に会ったりして、幸せには過ごしていたのですが、ある日旦那の裏アカウントみたいのを見つけてしまい、そこに書いてあった内容が、

やっぱり今まで出会った中で、元カノが一番かわいかったし、一生で一番元カノが大好きや!

という言葉でした。

 

あんなけアプローチしてきて、ヨリを戻したいと言っていたのに、手に入った途端これか、と思いショックを受けました。

 

それでもその時はそう思っただけと言う言葉を信じて、お付き合いを続けていきました。

 

そしてその3か月後くらいに徐々に悪阻みたいな症状が出始めて、妊娠が発覚しました。

その時まだ私は学生だったし、旦那は土日のみ学校に通うけどバイトも何もしていないニートだったしで、どうするか話し合いました。

 

その時言ってくれた言葉は、「俺はおろしてほしくはないけど、カトレアの思いもあるやろうし、できたら産んでほしいけど、無責任に産んでほしいとも言えへんから、カトレアはどうしたい?」と聞かれて、私は不安は確かにありましたが、迷うことなく産むことを決めました。

 

そこからは旦那は学校を卒業して、その後仕事を見つけて働き始めて、私は大学を中退して、お互いの実家への挨拶をしたり、顔合わせをしたり、6か月頃にはアルバイトもやめて、籍を入れたのですがまだ実家暮らしをしていました。

 

そこからもう少しで家を探し始めようという時に旦那が通勤途中に事故にあい、しばらく入院生活をすることになったので、毎日病院に通いました。

それが妊娠7か月~8か月頃に差し掛かった頃だったので、そこから出産予定日の2か月前ほどからやっと一緒に住み始めました。

 

最初は生活習慣の違いなどですごくケンカをしました。

それに元カノが一生で一番大好きと書いてあったことも、妊娠のホルモン的なものと、もともと引っかかっていたことにより、事あるごとに思い出して、すごくケンカをしました。

時には妊娠しているのにビンタをされたこともあり、だいぶ揉めたのですが、まだそれが初めてであったこともあり、何とかなっていました。

 

それから一緒に住み始めて1か月経った頃に、予定日よりもだいぶ早く、正期産に入って少し経ったくらいだったのですが、早朝におしるしがあり、母に言われて念のため病院に行ったら、出血量が多くて気づいていなかったのですが、もう破水もしていて、陣痛も15分間隔で来ていたのですぐに入院となり、その日の夜に長男が誕生しました。

私が陣痛で苦しんでいる間、実家の父や母、旦那もずっと付き添ってくれていました。

 

子宮口がなかなか開かず、お産に17時間かかってやっと出会えた息子はすごく可愛くて、感動しました。

正直死ぬほど痛いと思ったし、3分間隔から1分間隔の時間も長過ぎて、もう二度と出産はしたくないとその時は思いました。

 

それでも息子の顔を見た瞬間痛さも吹き飛んで、ただただ愛おしくて、すごく幸せな気持ちになりました。

 

産まれた後にすぐに、夜遅かったのにも関わらず、友人カップルも来てくれて、初めてのお産はすごく嬉しくて、感動するものとなりました。

 

この続きはこれから少しづつ書いていきたいと思います。