cattleya_note

子育てや離婚、恋愛についてなどを書いていきたいと思っています。

三男妊娠中のできごと〜出産、長男幼稚園への準備

こんばんは😊

前回は三男の妊娠が発覚してパートをやめたところまで書いたので、今回は三男の妊娠中からについて書いていきたいと思います。

 

三男妊娠の時は長男も次男も保育園に行っていたため朝送って行く時はばたばたしていたのですが、日中はまだ1人でゆっくり過ごすことができていました。

 

それでも自転車には乗れなくなったので車を買うことを決意して、旦那にはまたいらないと言われたのですが三男が産まれてからのことを想定するとどうしても必要だったので、私の友人に車屋さんを紹介してもらい、なんとか車を買うことができたので日中は友人に隣に乗ってもらい運転の練習をしたりして過ごしていました。

 

そして検診の日に初めて1人で運転して行けたことをきっかけに運転もできるようになりました。

 

そして相変わらず旦那は何も手伝ってはくれなかったので上の子たちの育児も毎日私1人でしていて、それでも車を乗れるようになったことは大きくて保育園の送り迎えや買い物などがだいぶ楽になりました。

 

あと今回は悪阻もそんなにひどいこともなくなんとかやっていくことができていたのですが、上の子たちもまだ小さかったこともあり、抱っこしたりなんやかんやばたばたしていると、だいぶお腹が大きくなってきたある日の検診で「お腹の張りが強く、子宮頚管も短くなってきているからこのままやと入院になるよ」と言われて旦那に話したのですがそれでも何もしてくれず、実家の父が保育園の送り迎えを手伝ってくれていました。

 

そしてあと少しで10か月という時期に入った頃に検診に行った時に、「もうあかん、これ以上は危ないから今日から入院してください」と言われ、切迫早産で入院することになってしまいました。

 

子どもたちは私の実家が送り迎えをして、夜ご飯などは旦那の実家で食べたりとしていたみたいで何とかしてもらっていて、時々お見舞いに来てくれたりでその生活が正期産に入る頃まで続き、退院する時にお医者さんに「とりあえずはどうしてもと言うから退院してもらうけど、子宮口がもう7~8cmも開いているからいつ陣痛がきてもおかしくないし、下手したらトイレで生まれてしまってもおかしくないから少しでも痛いと思ったらすぐに病院に来てね」と言われ退院をして、上の子たちの送り迎えは実家の父に手伝ってもらいつつ過ごしていたのですが、なかなか本陣痛がくることはなく、前駆陣痛ばかりがきていました。

 

そのため旦那にも産まれるまでは上の子たちもいるから何かあった時にすぐに家を出れるように家にいておいてほしいと伝えていたにも関わらず、「何かあったらすぐ帰ったら良いんやろ」と言いながら毎日パチンコへ行き、結局私の父がお酒を飲むのを控えていてくれていました。

 

そしてある日父と母に検診に連れて行ってもらい、病院の先生に前駆陣痛ばかりで痛いしその日のうちに産みたいと言って刺激をしてもらった帰りにすごい痛みに襲われました。

 

最初は刺激してもらったからだと思っていたのですが、間隔を計っても全く規則性がなくて、また前駆陣痛やと思いそのまま上の子たちのお迎えに行きました。

 

それでもまだ痛かったのでもう1度病院に連れて行ってもらったら、受付の看護師さんに少し待っててほしいと言われたのですが、慌てて別の看護師さんたちがこっちに近寄ってきて、「こんなところで待ってる場合じゃないので」と言われ、すぐに上の階の陣痛室に案内され、その時にトイレに行きたいと伝えたら「絶対ダメ!産まれてしまう」と言われ管を通されて、やっと先生がきて診察をしてもらうと子宮口は9cm開いていて、それでも三男の顔の向きが少し良くなかったみたいでその位置を直してもらい、無事に陣痛が始まりました。

 

そして夕方には三男が無事に産まれて、2時間分娩台で待機している時にすごく血が出ているなとは思っていたのですが、こんなもんかと思い放っておいたら2時間後に先生がきて見てもらうと、「出血量が多すぎる」と言って急いで子宮内にバルーンを入れられて、トイレもダメと言うことで尿管に管も入れられ、車椅子で部屋に戻ることになりました。

そしてその日はベッドから起き上がることなく過ごして、次の日に先生に診てもらってようやくバルーンを抜いてもらい、その日から母子同室が始まりました。

 

そして入院生活中1度だけ何の連絡もなく旦那が来ない日があって、子どもたちを預けてパチンコに行っていたことが分かり少しイラっとはしたのですが、もう諦めていたので何も触れずに無事退院してまた日常が始まりました。

 

最初1週間はまた実家に来てもらっていたのですが、その後は全て1人でしなくてはいけなくて1番困ったのはお風呂で、三男のベビーバスが無理になった頃から一緒のお風呂になったのですが、上の子たちも一緒に入れないといけなかったのでお風呂だけでも2時間近くかかり、三男を洗ってベビーバスの中で待ってもらい、長男次男を洗ってから浴槽で待ってもらっている間に急いで私も洗って、冬だったため私は寒い中最後に拭いたりするため、まず三男を上げて拭いて服を着せてから長男次男を順番に上げて拭いて服を着せてドライヤーをして、全て終わってようやく私も拭いてから服を着て、必要な時はすぐに三男に母乳をあげて、それが終わってからドライヤーなどを済ませてやっとお風呂が終わりだったのですごく時間がかかりました。

 

そして三男が生後2か月経った頃には私も仕事をしていなかったため上の子たちの保育園を続けられなくなって、長男だけ幼稚園へ入れることになってその準備に追われ始めました。

 

幼稚園は私立だったためまず願書を取りに行って記入をしてから願書を提出して、その後に面接があり面接も行ってしばらくしてから無事4月入園が決まって、それまでに制服や体操服など指定の物の購入があったり、説明会があったりでバタバタと過ごしていました。

 

次回は幼稚園入学から書いていきたいと思います😊